Copyright (c) TREK JAPAN co.ltd.,All Right Reserved.
トレック・ジャパン株式会社USAサイトへ  
トップページ
新着情報
PICK UP
製品情報
製品一覧
EOS/ESD 静電気関連製品
表面電位計
高圧電源
ピエゾドライバ用電源
粉体帯電量計測器
IMP社製品
粉粒体流動性試験装置
(DPF-03)
プローブ&アクセサリー
静電気シールド/防湿バッグ関連製品
QEA社製品
スマートマテリアル社製品
イザテック社製品
技術情報
レンタルシステム
企業情報
お問い合せ
海外代理店
国内代理店
著作権・リンク
サイトマップ
製品一覧IMP社製品粉粒体流動性試験装置 Model DPF-03

Model DPF-03
粉粒体流動性試験装置

 

流動している状態で粉粒体の流動性を測定することのできる測定装置です。


【測定の手法】
粉粒体を入れた細管に振動体により外圧を加え、この外圧を徐々に強くして細管から排出される粉粒体の流動開始からの流動プロファイルを観察します。



 
 
特徴


粉粒体に圧力を加えた状態で粉粒体の流動性を測定することのできる装置で、安息角等の測定方法による結果とは異なる粉粒体の粉体特性を把握することができます。また、ナノ粒子の流動性を測定することもできます。



粉体の入ったガラス製フロー管に振動体により外圧を加え、粉体の流動(排出)が開始される時点からの粉体の流動(排出)プロファイルを測定することが出来ます。





上記グラフはある粉体の流動性をModel DPF-03で測定したデータです。また、グラフ中のからの各ポイントでのフロー管内部のX線CTシステムによる断層写真も上記に合わせて表示しております。 、、と外圧が上がることにより内部粉体の充填は密になっていきますが粉体の排出量は安定しておりません。しかし、では断層写真が示すように粒子間の接点数(配置数)が増えて内部圧が高くなり粉体の流量は下がっておりますが排出量は安定している事が確認できます。